あごのひげはストレスなどが原因です

あごのひげはストレスなどが原因です

女性の顔には産毛が生えているので、男性と同じようにあごひげが生えてしまう場合があります。男性のように太いひげが生えるのは、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの働きが大きくなってきたためです。

 

濃くなったり太くなったりするのは、加齢などの他にストレスなどが原因になっています。生活習慣が乱れ不規則な生活が続いてしまうと、ストレスがたまりホルモンバランスを崩してしまいます。

 

偏った食生活や睡眠不足なども、ホルモンバランスを崩す原因になります。また、女性は30歳前後から女性ホルモンが減り始め、男性ホルモンの働きが大きくなってきます。

 

このような時期にストレスの多い生活を続けていると、女性ホルモンが急激に減ってしまうことがあります。男性のようなひげをあごに生やさない方法は、ストレスをためないような生活が大切です。毎日6時間以上の睡眠をとったり、栄養バランスのとれた食事を決まった時間に摂るようにしていきましょう。

 

うっすらと生えたひげにお悩みの方は

女性の社会進出が目覚ましく、社会的地位も向上しつつあって喜ばしい光景です。そんな中、仕事も家事も両立できる方にとって、悩ましい問題に直面することになります。その問題とは、口元にうっすら生えたひげのことです。「そんなまさか!」と思いの方は、毛が生えるメカニズムを読んで理解を深めて下さい。

 

女性のひげ問題については、男性化する環境に置かれていることが、理由の一つにあげられています。職場ではどうしても、取引先や同僚とのあつれきが起こるため、交感神経が優位に働いてしまいます。交感神経が優位に働くと同時に、男性ホルモンの分泌が盛んになって、体毛が多く生えてしまいます。

 

こうした時代背景ゆえ、女性のひげ問題は深刻な問題として受け止められます。根本的な解決法には、大豆の成分でもあるイソフラボンを摂取することが、女性ホルモンを優位にして体質を改善してくれます。

 

また、体毛そのものをケアすることを目的としたコスメも開発されており、毎日の習慣として取り入れる方法もあります。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら